銀行ローン、カードローンを申し込むなら2017年中がチャンス!?

非常に便利で信頼性が厚いのが銀行ローン、銀行カードローンです。消費者金融系とは違い「総量規制」の対象外でもあり、条件によってはより借りやすいとも言えます。しかし、いくつかの報道などによりますと、審査の際の人物照会や貸し出し規制などを厳しくして破産者増加問題に対応する、といった話も出てきています。

逆に言うと、規制が厳しくなる前に顧客を確保しておきたいという状況が貸し手にもあると言えるわけですし、様々な社会的な要素は別として、借りたい方にとっては融資がなされやすい方が嬉しいのもまた事実。

借り手と貸し手のニーズが一致している今こそ、新たに申し込みをしていくには最適のタイミングだと言えるのではないかと思います。

キャッシングは学生でも便利に使えるツール

キャッシングは学生だと審査申込みすらできないという誤った認識をしている方が多いです。もちろん業者によっては学生不可というケースもありますが、多くの大手キャッシング業者ではアルバイト等で一定の収入があれば学生であっても借り入れが可能としています。

例えばアコム。コマーシャルでもお馴染みのキャッシング大手ですから安心して申込みが出来ますし、初めての借り入れであれば30日間は利息が無料という大きなメリットもあります。これなら友人からお金を借りるよりも良さそうですね。

消費者金融に抵抗がある方は新生銀行カードローンレイクはいかがでしょうか?こちらは銀行カテゴリーですので、後ろめたさも解消できるでしょうし、最初の借入額が5万円までの場合は180日間もの無利息キャンペーンがあります。上手に使えば便利なツールに。学生でもキャッシングは悪いことじゃありません。

主婦でもキャッシングを利用することができました

子供を妊娠、出産してからは何かと出費がかさみ、すぐにでも働いて稼ごうと思っても、小さい子供を抱えて採用してくれる職場などなく、毎日お金だけが出ていく生活をおくっていました。

何か手に資格でもあれば、就職しやすいのでしょうが、これといった資格もないので、なかなか採用されず、近くに親など頼れる身内もいないため、困っていたのです。

そんな時に、地元の友人の結婚式があり、幼稚園から仲良くしていた仲だったので、お金はないけれどもどうしても結婚式に出席したく、キャッシングを利用することにしたのです。

働いていない主婦でも、キャッシングを利用できると耳にしたことがあったので、ネットから大手の会社を検索してみると、申込みを簡単にネットですることができ、なんと次の日には手元にお金を手にすることができたのです。

どうしてもお金が必要な時、身内には借りにくいし、関係を崩したくないのでキャッシングは本当に頼りになりました。

初めてなら生活福祉資金貸付制度も視野に入れよう

カードローンの利用目的の一つに、生活費の補填があります。もし生活が苦しくて初めてカードローンに申し込もうと考えるなら、国の生活福祉資金貸付制度を利用してはいかがでしょうか?年1.5%(連帯保証人ありなら無利息)という非常に低金利で借りられるので、年18%が基本の消費者金融と比べて雲泥の差があります。

生活福祉資金貸付制度には大別して総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金があります。生活費の補填の意味では、総合支援資金の生活支援費がこれにあたります。生活支援費は2人以上の世帯で月20万まで、単身世帯で15万円までとなります。また貸付期間は原則3ヶ月、最長12ヶ月となっています。なお金利は年1.5%で、10年で返済することになります。

この生活福祉資金貸付制度の申し込みは、都道府県または市町村町の社会福祉協議会へ行います。生活福祉資金貸付制度への申し込み条件は、低所得者世帯・高齢者世帯・障害者世帯です。なお低所得者世帯の基準は自治体によってマチマチで、市町村民税非課税程度となっています。

さらにこの制度は返済する義務があるので、ある程度の収入がなければ審査に通りません。またすでにカードローンなどで借りている方も審査に通りません。この制度の趣旨は、収入が低くカードローンなどを利用できない人にお金を融資する制度だからです。

キャッシングは便利!!

私はつい先日、キャッシングローンを利用しました。生活費に困ってしまい、その日のうちにお金が必要だったので、大急ぎでいいキャッシングがないか探しました。そんな中で私が探し当てたのがプロミスでした。まず、Webだけで申し込むか、Webと電話両方を使って申し込むかを聞かれます。

私は電話が苦手ですので、Webだけの方を選びました。Webで入力する内容は大体どこの会社も同じで、個人情報や、自分の勤めている会社の住所や電話番号など、そして家族構成や、今他にも違う会社からキャッシングしているかなどを聞かれます。

全部入力した後会社からメールが送られてきて、本人証明を写真で送信します。私は免許証だけで大丈夫でしたが、借りるお金の多さによっては収入証明書が必要なようです。そして、写真を送って30分もかからないくらいで、会社から電話がかかってきます。

簡単な本人確認と契約内容の確認だけです。また、勤務先に会社名を名乗らずに私が本当に勤務しているのかの確認の電話をしても大丈夫が聞かれました。ここで断ってしまうとキャッシングを利用することはできません。そしてその電話が終わった後、電話で案内された通りに、返済の方法や、どれくらいのお金を借りるか、自分の口座などを入力します。

するとすぐに自分の口座にお金が振り込まれていたんです。ちなみに私は返済方法として、口座からの自動引き落としにしました。私がネットで探して申し込んでから口座にお金が振り込まれるまで、約1時間ほどで全て完了されました。私は初めてキャッシングを利用したのですが、こんなに便利なのかと感動し驚きました!!

ですが、キャッシングは楽にお金を借りることができるだけに、次から次へとどんどん借りていくと返すことが難しくなってしまうというのが危険なところでもあるかもしれませんね。便利なのものほど、使い方には慎重にならなければいけません。以上、私がキャッシングを利用してみた感想でした!

アコムがおすすめな理由について

アコムは多くの人におすすめできるカードローンです。
なぜなら、アコムは大手であると共に、その知名度に恥じない信頼があるためです。
初めてカードローンを使うという人にもおすすめできるというのは、信頼度の表れであると言えるのではないでしょうか。
金利であったり利息についても悪くはない条件ですし、使いやすさはあると言えるでしょう。
審査のスピード、融資までのスピード、こういったものがアコムをおすすめする理由となります。

これからカードローン利用を考えているですとか、今使っているカードローンから他社に乗り換えたいと思っている方々は、このおすすめのアコムを参考になさってみてはいかがでしょうか。
そうすれば、きっと満足いく結果になると思います。

欲しい自転車を買うためにキャッシングをしました。

最近、私のまわりで自転車に乗っている人が増えました。
ピストとかクロスバイクとかいうそうですが、格好よくて走っているのを見るとついつい見とれてしまいます。
自分の乗っているイオンで買った自転車がすごく貧相に見えてきて、自分もカッコイイ自転車に乗りたい!と強く思うようになりました。

ちょうどその頃、近くにカッコイイ自転車を扱っている(レース用の本格的なものでしょうか)のお店を見つけて、見るだけのつもりで入ってみました。
見てみると、とっても欲しくなってくるものですねー。特にCanondale(キャノンデール)っいう自転車に惹かれたのですが、値段を見ると、なんと20万オーバー。
ちょっと私には厳しいですが、通勤にも使う予定なので長い目で見るとアリかなと。

給料日までまだ遠かったんですが、今がキャンペーンで付属品がいろいろセットになるらしく、思いきってキャッシングを利用して買いました!
今は快適すぎるくらい快適な朝の通勤を楽しんでいます。風を切るのは気持ちいい。

カードローン契約時に注意すること

都会の駅前には、アコムからプロミス、アイフル、レイクまで入っている貸金ビルのような建物があります。初心者ならどこに入って借りればいいのか迷ってしまいますが、正直言ってそれほど差はないのです。

厳密に言えばレイクだけは銀行カードローンですが、もともと消費者金融だったので総量規制の対象となるかどうか位しか変わらないのです。どこでもおよそ借りられるのは50万円以内ですし、金利は年18%と横並びです。おまけに初めての方には、30日間の無利息サービスがあります。ですから借り入れ条件ではほとんど差がないというわけです。

では何処で借りたらいいかと言うと、借り入れや返済方法も視野に入れる必要があります。借り入れは振込みでもOKですが、平日の14時過ぎまでに手続きをする必要があります。ですからコンビニATMなどから借りるわけですが、ATM手数料がかかるかどうかが重要です。この中ではレイクが提携ATMの手数料が一切かかりません。

プロミスとモビットは三井住友銀行系列なので、こちらのATM手数料が無料です。ただしアコムは三菱東京UFJ銀行系列ですが、こちらのATMでも手数料がかかります。これは返済時でも同じなので、自分のお持ちの銀行口座と相性の良いカードローンを選べばいいのです。

企業のバイト店員に、掲示しました。

勤め先に短期でパートに入った後輩がいる。
忙しない旬だけの、という一時就職の彼。
マイホームで暮らしているので、働いた元本はまるまるおへそくりに罹るという、
親元離れて自活やる自分としてはねたましい後輩なのですが、
その彼にはほしいものがありました。

ドラム条件だ。
パートで働いた元本で買おうと思っているようです。
今や頭の中はドラムの事で完璧、ブームはしょっちゅうドラムと楽曲と現況だ。

「残り2カ月働いたら、手に入るんですよね」と言っていたので、自身はさらっとこう言いました。
「とうに頑張って稼ぐことが決まってるんだったら、キャッシングを利用して買っちゃえばいいじゃん」。

「それほどっすね!」と彼は言ったのですが、すぐに顔付きが曇りました。
「けど、俺、一時就職ですから」。
それもそうですよね。パートでもお金が借りられるとは聞いていましたが、一時就職でその後の財産が異常。
そうなると貸し手の方針を考えても、借りるのは厳しいかも。

そんなに思いましたが、こういうお喋りで後輩に改造が入ったみたいでした。
ずいぶんドラムが手早く欲しかったんでしょうね。
後輩は独自でペラペラ見つけ、いよいよ一時就職でも借りられるショップを見つけたのです。

いつのショップかは聞いていないので分かりませんが、なんとかなるものなんですね。
臨時の会社が終わった今でも、後輩……元・後輩ですね。
彼は現況に誘ってくれてます。ドラム条件を見分けるたびに、さらっと紹介したときのことを思い起こします。

キャッシングは、返済のことをしっかり考えて借りるべき

結婚を決めていた彼女に多額の借金があり、その借金を二人で払っていこうと思って結婚をしたのですが、すぐに子供ができ妻は働けなくなり、止む無くキャッシングローンに手を出したのが始まりでした。

私自身はキャッシングローンに手を出したのはその時が初めてでしたが、妻は私と知り合う前よりキャッシングローンから多くの借り入れがあり、それを二人で払っていたところでした。

元々妻が抱えていた借金は人の保証人になり、その人がいなくなり肩代わりをしたのが始まりで、払いきれなくなりキャッシングローンに手を出したそうです。

当時は借りては返しを繰り返していたので一時的には助かったように感じましたが、まさに借金地獄の始まりでした。

20年近く前の話なのですが、当時は私お働いている会社までキャッシングローン会社から催促の電話がなんども入り、周りの人に気づかれないようにするのも大変でした。

又、家にも妊婦の妻に対して脅しの電話が入ったりしたのはとても恐怖でした。実際は取り立てが家に来る事は無かったですが、妻も家にいる時はなるべく音を立てず夜も私が帰るまでは電気もつけずに待っているということもありました。

返済のことを考え計画的に借りた方が良いと思います。

簡単に借りれるので気を緩めるとあっという間に大きな金額になってしまいます。

又、本当にその金額が必要かキャッシング等に頼らないければならないかよく考えた方が良いと思います。

借りないで済むなら借りない方がいいです。