キャッシングのイメージ、ガラリとチェンジ!

米フロリダで、昨年秋、研修旅行が開催されることになりました。

調べてみたら、必要な額は50万円。当時の預貯金は15万円弱。

今回は諦めるしかないかな・・・悲嘆していたとき、ふと目にしたのが”アコム”でした。

けれど、やっぱり、なんとなく。胡散臭さというか、関わってはいけないというか、危険というか。そんな思いが頭をよぎったのは事実です。

ただ、この研修は、そうそう何度も開催されるわけではなく、もしかしたらこれで最後になってしまうかもしれないというような危惧もありました。結果、参加したい!の思いが勝ったのです。電話をかけてみました。

もちろん恐る恐る、でした。なにしろ、初めての経験ですから。対応してくださったのは女性スタッフ。穏やかな声で接していただいたため、一瞬にして、不安が消し飛んだのを覚えています。なんのために必要なのか、いくらの融資を望んでいるのか、仕事はなにをしているのか、どんな家族構成か。質問されたのはこれくらいでした。「30万円ご入用ということですが、海外ではなにが起こるかわかりませんからね。ご融資は36万円にされてはいかがですか?」思ってもみなかったことを提案していただき、とてもうれしく感じたのを忘れていません。

”こちらは貸すのが仕事”。そんなことはみじんも感じさせない声でした。金融会社のイメージを払拭させてもらった経験でした。

もちろん即日融資です。

毎月の返済を滞りなくこなし、増額申し込みもできました。いざというとき、頼りになります。