キャッシング申し込みは返済の意思さえあれば大変便利なもので怖くはありません

私は現在フリーターですが、5年ほど前にクレジットカードに付帯のキャッシングサービスを利用したことがあります。その時が初めてでしたが、やはり利用するまでは怖かったです。何しろ20数年、借金はしたことがなかったですし、身内や周りの人を見てきても、借金をするような人は最低だというようなイメージが私の中に刷り込まれていました。

まだ小学生のころですが、テレビコマーシャルで見たり、ポケットティッシュで消費者金融の広告が出ているだけで、うちの両親なんかは、こういう会社はとても怖いものだというのを何度か教えてくれたものです。そういう環境で生きてきたため、お金を借りるというのはたとえいかなる理由でも、あってはならないと思いながら生きてきましたがふとしたことがきっかえで体調を崩し、生活に窮することになるとまさに背に腹は代えられないという状況で、私はキャッシングを利用しました。

平日の日中に申し込んだので、指定の口座にすぐにお金は振り込まれました。その点が一番助かりました。そして、毎月3-4万円の返済が始まり、全部返済するには2年ちょっとかかりましたが、その間なるべくクレジットカードは使わないように心がけてなんとか乗り越えることができました。

人間生きていればいろんなことに直面するので、身近な人を心配させたり、迷惑をかけずにすむキャッシングは便利です。キャッシング自体はそれほど悪くないと思います。ただし、必ずこの期限までに返済を完了するという固い意志がなければもしかすると負のスパイラルに落ちてしまうかもしれません。

当然のことですが借りたお金は自分のものではなくひと様のものということを忘れてはいけないということです。