総量管轄対象外のカード貸し付けは

総量統制というのは、通称カード月賦ゲストの借り過ぎを防止する目的で制定された法規であり、具体的には年俸の3分の1を超える借入れを制限するという内容になっています。年俸が300万円の人間であれば、サラ金から賃借ができる給与の最大限は100万円までとなっており、総量統制が制定されてからは年俸がない職業婦人のカード月賦エントリーも不可能となってしまいました。

ただし総量統制はすべてのカード月賦に適用されるわけではなく、総量統制対象外のカード月賦というのもあり、こういうカード月賦ならば年俸の3分の1を超えるキャッシングもできますし、職業婦人の所属も可能となっています。総量統制対象外のカード月賦は銀行法によってカード月賦サービスを提供している銀行カード月賦が代表的な方法として並べることができ、具体的には三菱都内UFJ銀行のバンクイックやみずほ銀行カード月賦などが挙げられます。