キャッシングのポイント:総量統制は?

アコムやプロミスといったサラ金団体でのキャッシングには、総量制約と呼ばれる借入金の最長要件が決まっています。

具体的には、給料の3ライティングの1以上の収入をサラ金団体で借入できないという決まりです。これは、一つのサラ金団体だけではなく、各サラ金団体の合計となりますので、新たにキャッシングを申し込んだら断られた、または前に申し込んだ団体よりも明らかに安い貸付総額を言われたということが生まれるのです。

キャッシングを申込む際には必ず審査が行われますが、その際に他のサラ金や銀行から借り入れしていないかをチェックされますので、わたしが他社で借り入れをしているということを隠してもバレてしまう。

但し、銀行カードローンの場合はこういう総量制約の対象外となります。
総量制約は借入金の最長を定めているだけでなく、借り入れパーソンが事業による定期的な収入を得ていることも制約とされています。ただし、銀行カードローンの場合はサラ金団体で借入できない年金受給者のみで生計をされている皆さん、稼業マミーにおいても借り入れを申込むことが可能なアイテムもあります。